saoriの読書感想文

【saoriの読書感想文】ライオンのおやつ 小川糸

最近、また小説をよむのにハマってるsaoriです。

 

今日は職場で思わず涙してしまった小説を紹介します。

それはこちら!!

ライオンのおやつ 小川糸著

created by Rinker
¥792 (2024/04/21 15:33:45時点 楽天市場調べ-詳細)

私は、職場でのお昼休みにいつも本を読んでいるのですが

この本を読んで思わずウルウル…涙してしまいました。

 

 

作者の小川糸さんといえば

「食堂かたつむり」が有名かなと思います。

created by Rinker
¥792 (2024/04/22 08:46:29時点 楽天市場調べ-詳細)

 

こちらもなかなか面白いのですが

それを超えてくるいい小説でした。

 

まさに帯にある

毎日をもっと大切にしたくなる物語です。

 

あらすじはこんな感じ。

 

主人公は33歳という若さで余命宣告をされた雫。

人生を最後に過ごす場所として選んだのは

レモン畑と海がみえるホスピス。

そこで出会う人たちのかかわりの中で

自分の最後をどのように締めくくるかを考え

最後まで精一杯自分の人生を生きる物語です。

 

 

物語の中で

今まで当たり前にできていたことが出来なくなり

日々の生活が普通に送れることは素晴らしいことなんだと

雫がかみしめる場面があるのですが.....。

 

 

今の生活が出来ているのは当たり前のように感じてたけど

もっと感謝しないといけないようなぁと思いましたね。

 

ご飯を食べる

家事をする

仕事に行く

時にすごくめんどくさくなったり、イヤになったりすることもある行動も

病気になったらできないこと。

 

大好きな本を読むことも

病気になれば

本を持ち上げることすらできない。

小さい文字を読むこともできない。

 

 

今の生活に感謝して

自分が大好きな人にもっと感謝を伝えようと思いました。

 

 

私は、年に1回は健康診断をしてはいますが

それでもいつ大病になるかも分かりませんし

事故などで突然あれこれできなくなるかもしれない。

 

自分がこれからどう生きたいか.....

少し考えてみたときに

自分の生活に不満を並べるのではなく

自分も、そしてその周りもハッピーにしたい。

感謝を常に持っていこうと思いました。

 

 

さて、主人公の雫が最後に選んだおやつはなんなのか?

それはぜひとも小説を読んでみて下さいね!

 

created by Rinker
¥792 (2024/04/21 15:33:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ちなみに私は

母が作ってくれる3色ゼリーか、栗入りスイートポテトかなぁ。

 

では('ω')ノ

 

 

 

 

 

-saoriの読書感想文

Copyright© 看護師不適合者のsaori , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.